粒高 ツブ高 イボ高 用具紹介 - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

粒高 ツブ高 イボ高 用具紹介

こんにちは〜。

はじめまして、つぶっちです。

私は卓球を始めて、いろいろな粒高用具を使ってきました。

カットマの方はまだ多くいますが、ペンの反転ラケットでの

ツブ高使用者はやはり少ないです。

そのため情報交換もあまりできなかったりします。

また粒高選手は個性的でもあり、用具の使い方も様々です。

なので粒高選手は自分に合った用具を探している人が多いと思うのです。

しかしホームページ探したり、掲示板等を読んだりするわけですが、

粒高に関するページは少なく、

自分が求めている情報に出会えなかったりします。


そこで少しでもご自分にあった粒高用具を探す手助けに

なれたらと思います。

ただ私の個人的な感想であるので、

みなさんの感覚や評価とうまくあわなかったり

うまく伝えられなかったりすることもありますがその点はご了承下さい。


ちなみにラバーは10種類以上、ラケットも15本以上は使ったことが

あります。記事は逐一更新していきますのでお待ち下さい。

ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
今日は質問があって投稿しました。

先日団体戦の大会がありまして参加したんですが、結果はチームは惨敗で個人成績も0勝3敗でした。
その時の試合の内容は決して悪いものではないのですが、相手選手に上手くやられてしまい負けてしまいました。
最後の試合の相手選手は何もしてこなく、ただナックルの死んだ球を送ってこられてのラリー戦でこちらの打ちミスと甘くなった球を叩かれて負けてしまいました。
正直このように粒高の苦手なやり方をしてくる相手にはどういう戦い方をすればいいのでしょうか?
チームメイトはフットワークを強化して回り込んで攻めるといいと言われました。
長文ですいません。
Posted by トオル at 2008年06月30日 15:17
トオルさん、こんにちは。

試合を実際に見れないので確かなことは言えませんが、僕が想像できる範囲で考えてみます。

とりあえずゆる〜いドナックルのボールでつながれてきたと仮定してみます。
トオルさんがフットワークがあってそこそこ攻撃力があるのであれば、粒高でショートをして相手がツッツイきたナックルのボールをドライブするという方法でいいと思います。

ですがトオルさんがフットワークやドライブなどの攻撃力に自信がないのであれば、あえて攻撃はせず、ひたすら守り続ける方法をとった方がいいのではないかと僕は考えます。
ナックルに対してただ単に面を出して返すと不安定になるので、カット性ショートのように面を立てて若干下回転をかけながら前に押し出すと多少は安定します。つなぐ時は粒を倒して自分から少し回転をかけていくといいと思います。
また相手のボールが少し浮いた時などは、プッシュのような感じでラケットを前なり横にスイングしながら、強目に押し出すと、こっちのボールもナックルで鋭くなるので相手に効くと思います。
他には時々反転して裏ソフトでのツッツキを混ぜるなどして相手に球をしぼらせないようにする時もあります。

あとはバックにつないでくることが多いと思うので裏面打法を覚えるというのも手です。裏面打法の良いところの一つに相手にコースが読まれにくいということがあります。なのでスピードは無くても安定して相手のフォア側やミドル側を狙えれば、次のボールを攻撃に結びつけることもできます。


どういうボールに対してどういうボールでどのコースにつないでくるかを覚えておいて、試合の後半で狙い撃ちするとかいろいろあると思うので自分に合った攻略法を考えて見てください。


Posted by つぶっち at 2008年06月30日 23:36
つぶっちさん、アドバイスありがとうございました。
このアドバイスを元に練習を始めました。
始めは裏面打法から。

またなにか困ったことがあったときはアドバイスをお願いします!
Posted by トオル at 2008年07月04日 15:06
こんにちは。
しばらく練習を重ねているのですが、どうもラケット(シェーク)の反転がうまくいきません。どうしたら、うまく反転ができますか?どうかコツを教えてください。できればその、練習方法もよろしくお願いします
Posted by AM at 2008年10月19日 20:34
私はシェークではないのであまりシェークの反転はしたことはありません。
ただ自分なりに考えてみました。

反転するタイミングは、フォアハンドの場合、スイングした後がいいように思います。

反転のしかたは親指を人差し指をつけてる面に移動させて、その親指で押してラケットを回したらしやすいような気がします。

球を打ってない時にひたすらやって、割とスムーズにできるようになったら、球を打ちながらやってみてはいかがでしょうか。
Posted by つぶっち at 2008年10月23日 23:39
フォアにソルシオン、バックにカールP3αRを使っている、右シェーク異質前陣攻守型です。
カットマンと対戦する際に裏と粒の割合はどうしたらよいでしょうか?
ちなみに、中2です。
Posted by カールP3αR at 2008年11月09日 20:37
おおざっぱに7対3もしくは8対2ぐらいでいいんではないでしょうか?

相手が粒のボールを処理するのがうまいかどうか、ドライブのボールを処理するのがうまいかどうかを見て、割合を考えたらいいと思います。粒でつないでいて、相手が先にミスするようであれば粒を多用してひたすら粘り倒すというもいいでしょう。
最初は粒でつないで、何球目かにミドルへドライブを打つとか自分の得意技術によって考えてみてください。
Posted by つぶっち at 2008年11月11日 10:38
僕は、卓球を始めたばかりのペンツブ高攻守型です。
しかし、ツブ高は扱いが難しく、ミスばかりしてしまいます。
そこで、ミスを減らし強いペンツブ高攻守型になりたいのですが、
そのためには、どのようなことを意識すればよいですか?
あと、ミスをしないようにするためには、どうすればよいですか?
ご回答お願いします!
Posted by pass at 2009年03月30日 21:33
最近、シェイク攻撃型(フォア裏、バック裏)からカットマン(フォア裏、バックツブ高)に戦型を変えました。ツブ高面でのレシーブやカットがオーバーミスになったり、ネットミスしたり、回転がかかったり、かからなかったり全くわからない状態です。
 カットの感覚を身につけるにはどのようなことに注意し練習すればよいのですかお教えください。
 
Posted by 初心者カットマン at 2009年09月17日 00:43
初心者カットマンさん、こんにちは。

カットマンではないのでそんなに詳しいことは言えませんが、自分なりに答えてみます。

自分の球がどうなるのか全くわからないという状態だということは、相手から来るボールを自分のボールにして返すことができていないということではないかと思います。どんなボールに対してもツブでつかんで自分からしっかり回転を掛けることができれば、ボールも安定しボールがどう飛んでいくのかわかると思います。

注意する点はまず力を入れないことだと思います。ラリーになって力が入ってしまうとタイミングが狂ったりして、ボールに加えている力が、自分が思ったように伝わっていなかったり、逆に予想以上に加わっていたりとよくわからなかったりします。
なので力を抜いて必要最小限の力でボールをこするようにします。自分が加える力を一定にしてから、相手のボールの強さを感じて、ボールがどう飛んでいったのかを覚えていけばいいのではないでしょうか。

もうひとつ意識することは粒はボールに当たると倒れますよね?そこから粒が元に戻ろうとする力を利用してボールに回転をかけていけばいいと思います。粒が倒れてからボールが離れるまでのタイミングを覚えることが大事だと思います。

一人でやる練習としましては、玉突きの要領で、自分で下回転を掛けて上にボールを富まします。それで落下してきたところをさらにツッツキするみたいに下回転を掛けて上に飛ばします。これを連続で何度もやると感覚がわかると思います。最初の方は力を抜いて、慣れてきてボールをこするタイミングつかめてきたら、その一瞬に力を集中して回転量を増やしていく。これをずっとやり続けるといいと思います。

いかかでしょうか?どこまで参考になったかわかりませんが私なりに考えてみました。もし役に立ちそうであればやってみて下さい。
Posted by つぶっち at 2009年09月17日 09:05
つぶっちさんコメントありがとうございます。コメントを見るの遅くなりすいません。その後、ツブ高で試合に初めてでました。最初の試合でカットどころかレシーブを浮かせひどい目にあいました。2試合目も悲惨。3試合目で何とか冷汗をかきながら勝ちました。(チーム5番で2−2で回ってきて勝敗がかかっていたほとんど相手のミスでした。)ツブ高のレシーブは、本当に難しかった。最初のレシーブの感覚とタイミングがまだつかめてません。飛ばないから逆に力を入れすぎていたような気もします。ツツキを浮かさないよう次の試合では何とかしたい。全くカットができてないのでまだまだ練習不足でした。
Posted by 初心者カットマン at 2009年09月22日 23:17
こんにちは。粒高カットマンから粒高ショートマンに転向して日が浅いものです。いろいろ勉強して、対攻撃型の戦略はぼんやりとつかめたのですが、対カット、対粒高ショートの場合、粒高ショートマンはどのような戦略で攻めるのでしょうか。相手が粒高で打ったボールに対してプッシュがうまくできませんが、どのように攻めていったらいいか、ご教授いただければ嬉しいです。よろしくお願いします。
Posted by つぶカットショート at 2010年05月27日 09:20
朝日杯フューチュリティステークス 2011をデータ面から完全攻略!万馬券予想で高回収率を出している競馬予想会社の大胆予測!有力情報や丁寧な解説で競馬をもっと好きになれる!もっと勝てる!!
Posted by 朝日杯フューチュリティステークス 2011 at 2011年12月10日 01:06
中一の女子です。

今年の春から部活で卓球を始めました。

ラケットは、シェークハンドで、フォアが裏、バックがツブ高です。

それで、最近ツブでバックを打つと変な回転がかかってしまい、ラリーが続きません。

打ち方を変えたりしてみるのですが、やはり変な回転がかかります。(つっつきみたいって言われます。)

どうしたら回転のかからない普通の打ち方が出来るんでしょうか??

教えてください!!



Posted by まや at 2012年12月04日 19:08
つぶカットショートさん、こんにちは。

返事遅くなりました。すみません。

つぶ高ショート同士の戦いはボールの入れ合いになります。プッシュで攻めようとすれば、するほどミスが出やすくなります。

そこで時々カット性ショートのように
ボールに下回転を与えるように切ります。

そうするとナックルボールになって
普通に押せばオーバーミスが出やすくなります。相手がガンガン押してきたときは、
じっくり下回転をかけるつもりで粘ってください。
Posted by つぶっち at 2012年12月09日 22:35
まやさん、こんにちは。


そもそも粒高は相手の回転を利用するラバーなので上回転に対してはカット性ショートで返すのが安定もしていいと思います。

急にツッツキとはちょっと違う下回転が帰ってくるので相手はやりにくいです。

普通に打つにはまず裏ソフトの方を使って
ハーフボレーとかを練習してからの方が良いと思います。

裏ソフトで打てるようになってから、
粒高で挑戦してみてはいかがでしょうか?

打ち方のコツとしましては、
ラケットを寝かせる。

相手の上回転を利用して
粒が下に倒れ、そこから戻ろうとする力を使用して上回転をかけます。

粒の柔らかいラバーだと
やりやすいと思いますね。

是非トライしてみてください。



Posted by つぶっち at 2012年12月09日 22:45

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26585044

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。