パラドックス - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

パラドックス







アリレートカーボンのラケットです。

なので適度な反発力と弾力をもっています。

ラケットの形状は独特な丸みを帯びています。

裏ソフト面ではラバーにもよりますが、

どちらかというとドライブよりもスマッシュがやりやすいです。

ボールの威力を吸収するので、強い粘着ラバーではあまり弾みません。

このラケットのいいところはボールの変化です。

粒高特有の変化が最大限に出ます。

揺れるボール、エンドライン上で落ちるボール、

サイドに深く曲がるボール等、ボールの質は最高です。

ブロックはしっかりタイミングを合わせてスイングしないと

入りにくい面はあるもののよく切れます。

時々ボールがうなる時もあります。

打球感もしっかりボールをつかんでから弾くといった感じです。

ただ難点はプッシュが少し押しにくいところです。

柔らかい粒を使えばそれはそんなこともないのですが、

ブロックのキレは落ちてしまいます。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。