カールP3αR - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

カールP3αR

なかなか人気のあるラバーです。



P1Rとの違いは、

1 粒が細い

2 粒の間隔が広い

3 粒が柔らかい

といったところです。

自分から回転をかけ易く、

ツッツキを切ることも 打つこともやり易いです。

ナックルボールの処理は、

ラケット面で合わせるのか擦るのかはっきりしないと中途半端になります。

相手の表ソフトのスマッシュをショートするのはやり易いです。


デメリットは強いドライブに対しては粒が倒れきってしまって

下回転の効いたブロックができないことです。





ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
僕は、カールP3アルファRを使っています。上に書いてあるように、切れたカット性ショートがなかなかできません。
 使いやすくて、下回転ブロックが切れるツブ高ラバーを教えてください!
 わがままな質問ですが、どうか回答お願いします。
Posted by ブロックマン at 2008年08月19日 17:49
初めましてブロックマンさん。

切れたブロックをしたいということでしたらカールP1RもしくはフェイントロングUがよろしいかと思います。詳しくはまた後で書きますので、それまでもうしばらくお待ち下さい。
Posted by つぶっち at 2008年08月20日 10:26
ブロックマンさん、お待たせしました。
フェイントロングUは回転のかかったドライブなどのボールにはしっかり切ることができます。
堅めの粒でとらえて弾力を利用してブリッと擦る感じです。ただ回転の少ないロングボールに対しては、粒が倒れきらないので自分からガツッと切りに行かないと切るのはしんどくなります。

カールP1はどんなボールに対しても比較的カット性ショートが切り易いラバーだと思います。ただ変化が大きいのでコントロールに難があります。1球1球意識して集中して打たないと、思わぬミスをします。これは練習して克服していくしかありません。

下回転のキレよりもコントロールを重視するのであれば、
ファントム0011、0012、コクタクのフレンドシップ755、ツイスターあたりになると思います。ツイスターは粒の目ノ並びが逆なのでブロックがしっくりきません。ただ軽く当てただけでも自然に返っていくような使い易さがあります。球は少し軽いですけど。

どうでしょうか?
Posted by つぶっち at 2008年08月23日 11:28
つぶっちさん、熱心に調べていただきありがとうございました。
Posted by ブロックマン at 2008年09月10日 16:45

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。