オールラウンドエボリューション中国式 - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

オールラウンドエボリューション中国式

シェイクハンドで人気のあるラケットの中国式です。

打球感は柔らかいです。

弾みもまあまあ。

裏ソフトでのシュートやドライブもやりやすいです。

このラケットの特徴はブロックをするときに

非常によくボールを吸収するというところです。

このボールの吸収力はピカイチです。


中国式でブロックが苦手な人にはいいと思います。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント
初めまして。
このラケットの他にシェークハンドで粒高ラバーの
カールP1Rに合うラケットはありますか?
Posted by B´z at 2008年10月09日 12:04
B'zさん初めまして。

シェークはそんなに詳しくはないですが、定番ではヤサカのオールラウンドエボリューションですかね。他にはTSPのアウォードアールラウンドリフレックスやヨーロ等も合うと思います。
Posted by つぶっち at 2008年10月09日 12:53
もうひとつ聞きたいことがあるのですが、粒高に合うラケットってどんなラケットがいいのですか?
弾みがあった方がいいのでしょうか?
Posted by B´z at 2008年11月01日 12:10
B'zさん

守備を中心とするのであればあまり弾まない方がいいと思います。あとカーボンが入っていると球離れが速すぎたりするので、カーボンはあまり合わないと僕は思ってます。

少し弾力があって柔らかめなのがプッシュやショートがしやすいのでいいと思います。ただカットラケットのように柔らかすぎてもボールが軽くなるのでそのバランスが難しいです。
Posted by つぶっち at 2008年11月03日 21:43
バタフライの特殊素材に『アリレート』というものがあります。特徴は「衝撃を素早く消散する」
「コントロール性能が高い」
「軽くて、大きくしなる」の3つです。
この「アリレート」は粒高に合っているのでしょうか?
あと「カーボンファイバー」と「アリレート」を
交織した『アリレートカーボン』と言うものもあります。そちらの相性はどうなのでしょうか?
よろしくお願いします。
Posted by B´z at 2008年11月04日 17:29
アリレートはセルベスというラケットで使ったことがありますが、割りと合うほうだと思います。打球感も柔らかくてしなります。

アリレートカーボンはパラドックスというラケットで使ったことがあります。これも弾力が少しあり、吸収できたりもします。ただカーボンが入っているせいか、回転の少ないスピードボールが来た時にとんでいってしまいがちです。

どちらも相性は悪くはないと思いますが、私が使ったことがあるラケットは、それほど反発力があるラケットではないので、反発力があるアリレート、アリレートカーボンのラケットについてはわかりません。
Posted by つぶっち at 2008年11月11日 10:28
オールラウンドエボリューションにあう
ラバーはなんでしょう?特にBの方は何にしたらいいのかな?
Posted by shinatai at 2012年06月17日 21:54
shinataiさん、こんにちは。

オールラウンドエボリューションに合うのは、P1Rだと思います。
Posted by つぶっち at 2012年08月17日 16:59

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。