バック前ショートサービス - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

バック前ショートサービス

粒高選手は短い下回転サービスを中心に戦った方がいいと思います。

それはレシーブから強打をされにくい。

相手がツッツキで返してくることが多いので、

プッシュをしかけやすいからです。

ロングサービスだといきなり強打をくらう確率が高いので、

いくら守備に自信があっても、

あまり多用しないのが無難です。


はらわれるとやりにくいですが、

取れないということはないので、

フルスイングされるよりはいいと思います。


バック前に短い切れた下回転サービスを中心にして、

3球目を相手のバック深くにプッシュしてラリーにして戦います。

そういう3球目を続けながら、

時々ミドル側にプッシュしてみたり、

ファアサイドが大きく空いて隙が見えるときには、

ファア側に強くプッシュして打ち抜きます。


ファア側へのプッシュも強く押すだけでなく、

軽く合わせてネットを越えたところギリギリを狙って

ポトンと落とすと、相手の打点を下げることができて、

有利にラリーを運べることがあります。

またプッシュに相手が慣れてきたら、

ツッツキを混ぜてリズムを狂わせます。

少し切れたツッツキ、ナックルのツッツキを入れると、

不意にボールを浮かしてくれることもあります。



注意するのは下回転のサービスの回転量を変えることです。

それは切れた下回転だと

相手のツッツキも切れて厳しくなってきます。

直線的なツッツキを深く入れられるとプッシュしずらく

不利になるので、少し切れた下回転、ガッツリ切った下回転、

下回転気味のナックル、ボールのマークが見える、どナックル

台との摩擦で若干上回転気味のナックルサービスを使い分けて、

相手のツッツキがあまり厳しくならないように気をつけます。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。