フォア前ショートサービス - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

フォア前ショートサービス

バック前を中心にして、

時おりフォア前のショートサービスを使うのは効果があります。

バック前だけだとレシーブも楽なので、

バック前に相手の意識が集中している時を見計らって

ファア前に出すと少し相手が遅れたりします。


そして帰ってきたレシーブを打点早めにバック側に返すことで、

相手の4球目が甘くなったりするので、

そこで攻撃をしかけます。



また、


フォア前→相手のバック側 という展開をしつこくやり、

相手がすぐさまバック側に戻ろうとした時に

ファア側にプッシュ等で攻めるのも効果があります。
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。