粒高でのサーブ - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

粒高でのサーブ

粒高を使っているならやはり粒高でのサーブも

使ってみるといいです。


僕が使うのは ナックルロングサーサービス、
 
       アップ系ロングサービス

       下回転ショートサービス

       ナックルのショートサービスです。


1 ナックルロングサービス

  このサービスは表ソフトの選手や、ペンホルダーの選手に
  使うと効きやすいです。
  速いナックルを出して不意にラケットに当てさせ、
  ネットミスを誘います。
  シェイクハンドの選手は持ち上げ易いので効きにくいです。


  出し方はラケットのヘッドを真下にして、
  面を若干上に向けます。
  そしてそのまま強く前に押し出します。


2 アップ系ロングサービス

  このサービスはナックルロングとセットで使います。
  ナックルロングサービスに対して面を上に向けて軽く
  合わせてくる時に使うとチャンスボールになります。
  ただ威力はないので下手に使うと自分が不利になります。


  出し方はヘッドを下にして横上回転を出すような感じで
  こすります。


3 下回転ショートサービス

  これは裏ソフトで回転がかけれるようでないとできません。
  なのでまずは裏ソフトでしっかり下回転をかけれるように
  なってからやってみて下さい。
  これはとにかく頑張って切るしかないです。
  粒高でもバウンドして戻ってくるぐらいには切れます。
  コツとしては粒が倒して、
  そこから戻ってくる力を利用して切ります。

  使い方としては、
  「粒高だからどうせ切れてないだろう」と
  相手が面を立てて押し込んでくる時に使うといいです。


4 ナックルショートサービス

  これは切らずに出すサービスです。
  切りにくいラバーなので、
  思いっきり切る感じでボールに当たる時だけ軽く合わせると
  見た目とのギャップがあるので効果があります。
  ただ浮いてくるとこっちも打ちにくかったりするので、
  次の打球に備える必要があります。


他にもいろいろあると思いますが、

自分なりに工夫してやってみて下さい。 
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。