ラケット - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

ラケットの柔かさについて


粒高ラバーを貼る
卓球のラケットはどんなものがいいのでしょうか?

私の考えでは
硬すぎず柔らかすぎずです。

ラケットが硬すぎると
ラケットに当たった時に
衝撃が強すぎて弾かれてしまう。

また柔らかすぎると
ボールが軽くなり
甘くなってしまう。

どちらもあまりよくないと考えます。

程よく硬くて
程よく柔らかい。


こんな感じだと
ボールの変化も出やすく、
ボールに弾かれにくい。

切れ味やコントロールにも
影響するので

自分に合うラケットを見つけて下さいね。

私、つぶっちとしては
パラドックスRが
番バランスが良いように思います。

ウルフィードR−H

ニッタクの反転式ラケットです。

カーボンが入っているので打球感は硬めです。

弾みもそこそこ弾みます。

おそらくパラドックスより少し弾む程度です。

裏ソフト面では打ったときにカーボンの硬さが

手に響きます。カウンター攻撃はやりやすい。


粒高面ですがショートやブロックは直線的にとびます。

かといってとび過ぎるというわけではなく、

ボールの勢いを殺すことも割とできます。

回転も結構かかり鋭くボールがとぶので、

相手をつまらせることができます。

プッシュする時が下回転に反応しやすいので

そこが少し扱いにくいです。

グリップは細くて握り易いです。


サナリオンRーH

ニッタクの初心者用として売り出しているのラケットです。

昔のGHR-Hのモデルチェンジしたバージョンです。

打球感はかなりソフトな方です。

弾みはGHR-Hよりは弾むような気がします。


まず裏ソフト面ですが、打球感がソフトなので

ドライブがやりやすいです。

しっかり回転のかかったドライブが打てます。

ブロックですが逆にこれは相手のボールに威力があると

ラケットの弾力で上にオーバーミスしやすいです。


粒高面ですが、

ブロックは打点をしっかり合わさないと

弾力で飛んでいってしまいます。

しっかり球をこすりさえすればしっかり入って

ボールに回転もかかります。

プッシュも球質は若干軽いものの、

ボールが変化しやすいです。

空中でうねります。

スマッシュなどの攻撃の技術は

かなりやり易い方だと思います。

スピード15

ダーカーの単板ラケットスピード15。

数少ない単版のラケットです。

決して粒高用につくられたラケットではないと思うのですが、

粒高でも使えると思います。

反発力はかなりある方だと思います。

打球感はソフトなので打点さえ合わせられれば、

ブロックもちゃんとできキレもなかなかいいです。

反発力があるのでプッシュで押した時にもスピードがでます。

粒でのスマッシュもやりやすいです。

デメリットは若干分厚いので、

比較的薄いラケットが多い中このラケットを使うと、

違和感を感じる人がいるかもしれません。

厚さは約8ミリです。

弾むのでコントロールも難しいと感じるかもしれません。

細かいプレーをしたい人には合わないかも。

アーム前陣速攻回転グリップ

アームストロングのラケット、

アーム前陣速攻回転グリップです。

このラケットは形に特徴があります。

丸型でなおかつグリップに近い部分の幅が広いです。

打球感はやや柔らかめ。ドライブキラーよりは固めです。

あまりはねない為ブロックがやりやすいです。

プッシュも押し込めます。

ショートは打点が遅くなると浮いてしまうので注意が必要です。

スマッシュもかなり叩きやすいです。

裏ソフトでのショートも当てるだけで返っていく感じです。


ただドライブはラケットの重心がグリップ近くにくるため

やりにくいです。

ラバーを貼る面積も大きいため少し重くなる傾向あり。

一番問題なのが入手が困難なことです。

あまり店には置いてありません。

ブロッカーRX

丸型のラケットです。

あまり弾まないので守備中心の選手にいいでしょう。

ドライブキラーと同じ系統ですが、

打球感はドライブキラーより少し固めです。

グリップのところは出っ張っているので、

中国式で反転が苦手な人にはいいでしょう。

短く止めるショートはし易いです。

プレシアスロータリー

両面に弾みの差をつけたというラケットです。

実際に使ってみると僕が鈍感なのかもしれませんが、

それほど表面と裏面の差はないように思います。

打球感は若干固めです。

重量は70グラムより少し軽めなので、

軽い部類に入ると思います。

テンション系等の弾むラバーを張ると、

なかなかの攻撃力がでます。

ラプータに攻撃力つけたようなラケットだと思います。

粒高面でのボールはそれほど特徴のあるボールが

出るというわけではなく、

バランスよく緩やかなボールがでます。

アウォードオールラウンドやヨーロスピン等で打つ

ボールと似ていると思います。



CP548

中国式のカーボンラケットです。

そのため軽いです。

重量は65〜70グラムぐらいです。

そしてグリップが細いので、

日本式から変えた人にも扱いやすいです。

カーボンラケットとしてはそれほど弾みません。

打球感も堅いです。

球離れがはやいのでしっかりスイングしないと

ブロックが難しいですがプッシュ等は普通にできます。

あといいところはボールの変化が出しやすいです。

横回転のサーブなどをレシーブすると

思っているより曲がります。



アバロックスP500

中国式です。

ソフトな打球感でしなりがあるので、

裏ソフトでのドライブ攻撃は非常にしやすいです。



粒高面では、

ショートやプッシュは大変しやすいです。

打球時に「カシャッ」という音がする感じです。

ブロックは若干ボールが軽くなるような気がします。

スマッシュをすると結構スピードが出て打ちぬけます。

GHR−H

これは今は廃盤になってしまったラケットです。

サナリオンというラケットにモデルチェンジしたようです。

サナリオンというラケットも見てみましたが、

このGHR−Hと似ているように思います。


反転初心者用のラケットとして売り出されていたこのラケットは、

板の厚みが薄くてとても軽いです。

打球感はややソフト。

ヨーロスピン中国式に割りと似ていると思います。

弾力があるわけではありません。

弾みもたいしてないので、ボールコントロールはやり易いです。

裏ソフトのラバーはよっぽど弾むラバーを使わないと

威力はでないと思います。


極端なところがないので、どの技術もやり易いのですが、

ボールに力は出にくいです。

KVR−H

ニッタクのケブラーラケットです。

残念ながら廃盤になってしまったようです。

数値だけみるとスピード、コントロールかなりよさそうです。

裏ソフト面ですが、ドライブ攻撃に威力がでます。

その他のツッツキ、ショート、スマッシュもやり易く問題なしです。

打球感は堅めです。

粒高を使用するにはカールのP1の特薄は合わないような気がします。

木に衝撃が強く響くのででブロックが弾み過ぎます。

フェイントロングUのような弾力が強いラバーの方が、

ボールの変化もでて、ブロックも押さえ易いです。

オールラウンドエボリューション中国式

シェイクハンドで人気のあるラケットの中国式です。

打球感は柔らかいです。

弾みもまあまあ。

裏ソフトでのシュートやドライブもやりやすいです。

このラケットの特徴はブロックをするときに

非常によくボールを吸収するというところです。

このボールの吸収力はピカイチです。


中国式でブロックが苦手な人にはいいと思います。

ツーフェイス

なかなか使っている人は見たことがないですが、

なかなかいいラケットだと思います。

このラケットは打球感が柔らかいです。

そして打点が少し落ちると全然はねません。

なのでブロックが凄く安定します。

スピードボールに対してしっかりとらえて弾くので、

カウンター攻撃もしやすいです。

バック側ではサイドスピンショートのような形で

ボールをナックルして押し込むこともしやすいです。

下回転ボールも攻撃しやすいです。


不満をあげれば、ブロックがそれほど切れないということだけです。

ヨーロスピン中国式

これも中国式です。





弾まないとのことなので、

粒高に合うかどうか試してみました。

打球感は柔らかく、それほど弾みません。

ドライブ攻撃は飛びすぎることがないのでかなりしやすいです。

しっかり振り切れます。


肝心の粒の方ですが、ちょっと球が軽くなりますね。

ブツ切れのブロックはでにくいです。

アウォードより弾まず、球が軽いバージョンだと思ってください。

どちらもラケットに対する食い込みが足りないという感じです。

アウォードオールラウンドCHN

中国式のアウォードオールラウンドCHNです。

割と堅めのラケットですが、

スピンエース等と比べるとそれほど堅くもありません。

反発力が結構あるので粒でもスマッシュすると威力がでます。

操作性は可もなく不可もなくといったところでしょうか。

ブロックもそれほど切れるわけではないですが、

球がそれほど軽いわけでもありません。

ラケットも数が多くなるほど、何と比較すればいいのか

難しくなってきました。

中国式のグリップは苦手なので把握できない面もあります。

RF-S リフレックスシステム







RF-S リフレックスシステム。

このラケットは弾みすぎず、なかなかコントロールもしやすいです。

裏ソフトでのドライブ攻撃もしやすいです。

プッシュの安定感、押しやすさどちらも問題なしです。

そしてブロックもボールに押されることがないので、

軽く合わせただけでも返球できます。

打球感はやや堅めです。


このラケットと弱点は、短いボールをうまくつくりにくいということです。

若干ボール1個分くらい浮いてしまいます。

球も素直なボールになりがちなので、狙われそうです。

スピンエースA








スピンエースA。

このラケットの板は堅めです。

堅いのでフォア打ち等するとナックルになりやすいです。

堅めのラケットは強烈なスピンにも押されにくいです。

角度を合わして押さえ込むように打つと、

オーバーミスをせず返しやすいです。

弾まないラケットの印象がありますが、

板が堅い為か結構、反発力はあります。

なかなか攻撃力はあります。

ブロックの切れ、プッシュのし易さは特に問題はありません。

ただ若干球離れが早く、ボール自体がまっすぐ飛んでいきます

粒高の揺れる変化は出しにくいと思います。

プレーが少し単調になりそうな気がします。

スピンエースカーボン







TSPのカーボンラケットです。

カーボンラケットだけあってよく弾みます。

そしてグリップ、ブレード自体も薄くて持ちやすいです。

もちろん軽いです。

弾むのでスピードのあるプッシュができます。

ただちょっと切れたツッツキに対してはプッシュしにくいです。

ブロックもカーボンの芯でとらえるとガッツリ切れます。

ドライブに対して軽く合わすだけのショートがやりにくいです。

タイミングを早めにとらないと、

あっという間に飛んでいってしまいます。

自分からしかけていく攻撃型のラケットになります。


このような堅くて弾むラケットには

カールのようなラバーより、

フェイントロングUのような粒に弾力があるラバーを使った方が

ボールを殺しやすく安定すると思います。


チャイニーズスリム






バタフライの中国式ペンです。

このラケットはあまり弾まないため、粒高選手がよく使用してます。

打球感は非常にソフトです。

このラケットはコントロールがいいです。

プッシュ、ショート、ブロック等どれも入れやすいです。

球質は軽いものの、とりあえず当てれば、

なんとか入っていく感じです。

デメリットはスマッシュが少ししにくいという点です。

弾まない為かロングボールをスマッシュしようとすると、

ネットにかかり易いです。

まぁこれは貼ってあるラバーとの相性かもしれません。

ちなみにカールP1Rを貼っている時です。

パラドックス







アリレートカーボンのラケットです。

なので適度な反発力と弾力をもっています。

ラケットの形状は独特な丸みを帯びています。

裏ソフト面ではラバーにもよりますが、

どちらかというとドライブよりもスマッシュがやりやすいです。

ボールの威力を吸収するので、強い粘着ラバーではあまり弾みません。

このラケットのいいところはボールの変化です。

粒高特有の変化が最大限に出ます。

揺れるボール、エンドライン上で落ちるボール、

サイドに深く曲がるボール等、ボールの質は最高です。

ブロックはしっかりタイミングを合わせてスイングしないと

入りにくい面はあるもののよく切れます。

時々ボールがうなる時もあります。

打球感もしっかりボールをつかんでから弾くといった感じです。

ただ難点はプッシュが少し押しにくいところです。

柔らかい粒を使えばそれはそんなこともないのですが、

ブロックのキレは落ちてしまいます。

セルベス

バタフライのラケット、セルベスです。

もう廃盤になってしまったようですが、参考までに書きます。

アリレートが入っているので柔らかく弾力があります。

裏ソフトを貼ったときに使いやすさはかなりの高水準です。

粒高面もバランスが取れています。

プッシュは押しやすいです。ブロックも止めやすいです。

ただ若干ほんとに若干なのですが、ボールが軽くなります。

ゴリッと切る感触は味わいにくいです。


何故こんなに使いやすいラケットが廃盤になってしまうのか。

非常に残念です。

ドライブキラー

ドライブキラー








バタフライ製品で一番跳ばないラケットです。

名前がカッコイイ。

グリップは一応日本式なのですが、

形は数少ない丸型です。

打球感は松下プロモデルのようなカットラケット

と似ており柔らかいです。

ラバーを張って球をバウンドさせると

ボンッボンッといった音がでます。

このラケットはイボで徹底して守るというタイプのラケットです。

柔らかいのでつかんで押し込むといったプッシュができます。

ブロックも吸収しやすいです。

弱点は表ソフトの乗せ打ちのような

相手の緩いボールに対して球があまくなりやすいところです。

スピンの効いていないボールに対して球質が軽くなります。

ラプータフラットR

ラプータとほぼ同じです。




このラケットも結構人気のあるラケットです。

ラプータとの違いはグリップの柄の先がまっすぐになっているところです。

そのためすっきりしていて振りやすいです。

また、私の感覚ではラプータフラットRの方が跳ねるような気がします。

ドライブ等もやりやすいです。

その分粒高面ではブロックはしっかりタイミングを合わせないと

ラプータよりはオーバーミスしやすい感じです。


ラプータ

ラプータ






反転ラケットを使用したいが、
どれを使っていいかわからないといったときに
まずは使用するというような基本的なラケットです。
合板で軽く、あまり跳ねません。

粒高面

プッシュであれショートであれ、ブロックであれ

どれも使いやすいです。ブロックはよく切れます。



裏ソフト面

ショートに威力を発揮します。

ミート打ちでは激しく叩いた時にはスピードがでますが、

普通に叩いただけではスピードは出ません。

またラケットにしなりがないので、ドライブに威力は出しにくいです。


裏ソフトでのスマッシュ、ドライブのしにくさを除けば、

かなり使いやすいラケットだと思います。

  

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。