ショート - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

ストップ性ショート

相手のロングボールを短く止めて相手の意表をつく技術です。

この技術は少しでも甘くなると相手の絶好のチャンスボールと

なってしまうので不用意にしてはいけません。

相手を後ろに下げている、

もしくは相手コート深くにボールを送っておき、

相手が無警戒の時にするのがいいです。


やり方ですがカット性ショートと

同じようなスイングでやります。

コツは手の力を抜いてなるべくラケットをインパクトの時に

動かさないようにしてボールを吸収します。

粒高ラバーはボールとの接触面積も小さいため、

ボールに合わせるだけだと

回転の影響もあまり受けず弾みません。

ボールと当たる時にスイングしてしまうと、

その分ボールと当たる時の衝撃大きくなりがちです。

なので自分からボールに与える力が

なるべ少なくなるように気をつけます。


難易度の高い技術ですが使いこなせれば

かなり相手を翻弄できますのでチャレンジしてみてください。


カット性ショート

粒高選手にとって一番基本となるのが、

このカット性ショートです。

上回転のボールを下回転にして返すという

粒高ならではの技です。

とにかく基本を体の中心、おへそのところで

ラケットを構えてボールが来た時に

ラケットを下におろします。

この時前方に押し出すようにすると、

相手のコートに深く低く送ることができます。

このショートは中途半端な深さになると

思いっきり攻撃されるので、

なるだけ打点を早くし、

深いところに食い込ませることが重要です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。