プッシュ - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

横回転プッシュ

このプッシュには大きく分けて次の2種類あります。

1 相手の横回転(特にサーブ)を利用する。

2 相手のツッツキに対して自分から仕掛ける。




 相手の横回転を利用する方法する

これは相手がかけてきた回転と同じ方向にラケットを

動かしながら前に強く押し出します。

特にサーブでは回転量が多いので大きな効果がでます。


使い方ですが

例えば  →
    ↑ ↓
     ←  のような回転をかけられたときは、

  ボールは自分から見て右側にまがります。

なので、(とりあえず右利きの選手を対象としています)


1 相手のバックサイドへボールを送って、

  回り込んでくるのをつまらせる。

2 相手のフォアサイドに送って

  ボールのまがりで意表をつく。

  
  などがあります。

2の方法はもちろんドライブをかけられるのを

前提としおりリスクもともないます。


次に  ←
   ↓ ↑ 
    →    の回転ような回転をかけられた時には、


   ボールは自分から見て左側にまがります。


なのでこれを利用して

1 相手のフォアサイドを鋭く打ちぬく。

  相手はファアサイドにボールがくるので飛びついてきますが、

  バウンドしてからもさらに左にボールは逃げるので、

  打ち抜くことができます。

  サーブが少し浮いた時にすると良いです。

  

2 相手のバックサイドからややミドル気味をねらう。

  これはボールが左にまがるの利用して、
 
  相手の指やラケットの端の方へ当てるのをねらいます。

  相手はボールのまがりを予測していないことが多いので、

  ボールが手元に来た時に不用意になることがあります。

  相手が打点早くボールを打とうとするとこんな感じで

  得点できることがあります。




2 相手のツッツキに対して自分から横回転をしかける。
  

これはラケットを右から左に動かしボールの少し横っ面を

とらえてプッシュします。

この技の利点は2つあります。

1 ボールが揺れやすい。

  横に回転をかけるといっても、ラバー自体に回転をかける力は

  少ないので回転自体はそんなにかかりません。

  しかし、そのためボールの回転が不規則になりボールが

  揺れたりします。


2 コースが読みにくい。


  ファアサイド、バックサイドどちらも同じようなスイングで

  打てるのでボールを真っ直ぐに押すのとは違って

  コースが読みにくいです。
 
  また粒高の摩擦の少なさを利用するとさらに、

  相手の読みを外すこともできます。


ナックル性プッシュ

この技術は使いこなせると幅広く使える技術です。

相手のツッツキに対して粒をあまり倒さないように打ちます。

ラケット面はやや上向きで

若干上から下にスイングして

粒を上にまがった状態から、

下に戻ろうとする反動を利用して打ちます。


また相手のツッツキがナックル性だと

それをただ単に強く押し込んだときにも

ナックル性になりやすいです。

スポンジのない一枚ラバーでも自然にでやすいです。


このボールに対して相手が不用意に打つと

ネットミスを誘えます。

ナックルがきつければきついほど、

相手は自分の力でボールを打たなければならなくなるので、

相手のボールを遅くするのにも効果があります。

上回転プッシュ

ショートとともに重要な技術がプッシュです。

これは相手がツッツキで返してきた時に用います。

面をやや上向きにしてボールを乗せ、

そのままややラケットを下から上に動かしながら

前に強く押し出します。

相手の下回転を利用しその回転を利用して上回転にして

強く前に送り出すといった感じです。

懐を深くし肘をしっかりまげて肘から先に力が伝わるように

意識すると良いと思います。



この技術は相手のツッツキがやや浮いている場合に

使うのがいいでしょう。


相手のボールが低い場合、

スピードも出しにくくなおかつ

下からもちあげるような

形になるのでねらわれ易いです。



また相手のフォア側が広く空いた場合、

このプッシュで鋭く打ちぬくこともできます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。