ブロック - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

ナックル性ブロック

このブロックは下回転ブロックと併用して使うと効果があります。

強烈な下回転のブロックをしておき相手がそのボールを

全力で持ち上げようとしてきたら、

このナックル性ブロックををすると

簡単にオーバーミスをしてくれたりします。

やり方は下回転ブロックとできるだけ同じようにスイングします。

ラケットを上から下に切り下ろします。

ただ違うのはインパクトの時に粒を曲げずに返します。

粒をしならせずにそのままボールを前に押し出します。

こうすることで下回転とナックルの違いがボールが近くに

来るまでわかりにくくすることができます。

下回転ブロック

ブロックについ書きます。

粒高というのは基本的には守備的なラバーなので、

ドライブであれスマッシュであれなにかと攻撃をされます。

そこで絶対に必要なのがブロックの技術です。

特にこの下回転ブロックは一番威力を発揮するものだと思います。

ブロックというのはただ止めるだけでは

何度でも連続攻撃されるだけで得点には結びつきません。

相手がミスし易いブロックが必要であり、

それがこの下回転ブロックです。


これは相手のドライブやスマッシュに対して

ぶつ切りの下回転をかけます。

カットと同等もしくはそれ以上の回転をかけ、

なおかつボールの軌道やタイミングを外すことで

相手のミスをねらいます。


やり方としてはバック側でいくとラケットを体の正面に構えます。

そしてドライブ等相手のボールがバウンドして

上がってくるところでボールをとらえます。

一番大事なのがここのインパクトです。

このとき合わせるだけではなく、

ラケットを上から下にスイングしながら

イボをブリッと倒して全力でこすります。

フォア側は自分の体の少し前でとらえるようにします。


スイング自体は大きくする必要はなくタイミングさえしっかり

合わせられればいいです。

ただなにより最初は回転をかけることが大事なので、

カットのように多少スイングが大きくても構いません。

わざと自分のネットにボールをあてて、

自分の方へ加速しながら勢いよくもどってくるまで

回転がかかればいいです。


このブロックは難しいですが最大の武器になるので

是非身につけて下さい。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。