サーブ - 粒高(ツブ高、イボ高)用具レビューと技術、戦術

ナックルロングサーブを身につけろ

こんにちは。

つぶっちです。

粒高使いとしましては

ナックルロングサービスを身につけてほしいものです。

このサービスはラケットの先を下げて
そのまま台のラインとフラットに前に押し出すことで
自然とナックルサービスになります。

裏ソフトラバーとは違って
回転が掛かりにくいので
その性質を逆に使ってしまえばいいのです。

ただそれなりのスピードと
突然不意打ちのように出さなければ
狙われてしまうので注意です。

相手のバック側に小気味良く出すことで
相手のネットミスを狙うことができます。

欲しい時の一本に最適です。


粒高でのサーブ

粒高を使っているならやはり粒高でのサーブも

使ってみるといいです。


僕が使うのは ナックルロングサーサービス、
 
       アップ系ロングサービス

       下回転ショートサービス

       ナックルのショートサービスです。


1 ナックルロングサービス

  このサービスは表ソフトの選手や、ペンホルダーの選手に
  使うと効きやすいです。
  速いナックルを出して不意にラケットに当てさせ、
  ネットミスを誘います。
  シェイクハンドの選手は持ち上げ易いので効きにくいです。


  出し方はラケットのヘッドを真下にして、
  面を若干上に向けます。
  そしてそのまま強く前に押し出します。


2 アップ系ロングサービス

  このサービスはナックルロングとセットで使います。
  ナックルロングサービスに対して面を上に向けて軽く
  合わせてくる時に使うとチャンスボールになります。
  ただ威力はないので下手に使うと自分が不利になります。


  出し方はヘッドを下にして横上回転を出すような感じで
  こすります。


3 下回転ショートサービス

  これは裏ソフトで回転がかけれるようでないとできません。
  なのでまずは裏ソフトでしっかり下回転をかけれるように
  なってからやってみて下さい。
  これはとにかく頑張って切るしかないです。
  粒高でもバウンドして戻ってくるぐらいには切れます。
  コツとしては粒が倒して、
  そこから戻ってくる力を利用して切ります。

  使い方としては、
  「粒高だからどうせ切れてないだろう」と
  相手が面を立てて押し込んでくる時に使うといいです。


4 ナックルショートサービス

  これは切らずに出すサービスです。
  切りにくいラバーなので、
  思いっきり切る感じでボールに当たる時だけ軽く合わせると
  見た目とのギャップがあるので効果があります。
  ただ浮いてくるとこっちも打ちにくかったりするので、
  次の打球に備える必要があります。


他にもいろいろあると思いますが、

自分なりに工夫してやってみて下さい。 

ロングサービス

ショートサービスについて書きましたが、

やはりロングサービスも時には必要です。

ショートサービスだけでは相手に脅威がない。

5本に1本、もしくは勝負どころでは、

スピードの速いロングサービスがあると、

相手の予想をくずせます。


長いブツ切れの下回転が出せれば、

ファアサイドに出してドライブでひっかけさせて、

裏でカウンターブロックするもよし、

粒高でブロックして自分の展開にもっていくものいいです。


またバック側に不意に出せれば、長くツッツイて返ってくる、

可能性が高くなります。そこを強くプッシュするなり、

裏でドライブする展開になります。


また粒高選手はどうしてもナックルや下回転のボールが増えるので、

下回転に強い選手には

強い上回転のサーブを出すのも効果的です。


フォア前ショートサービス

バック前を中心にして、

時おりフォア前のショートサービスを使うのは効果があります。

バック前だけだとレシーブも楽なので、

バック前に相手の意識が集中している時を見計らって

ファア前に出すと少し相手が遅れたりします。


そして帰ってきたレシーブを打点早めにバック側に返すことで、

相手の4球目が甘くなったりするので、

そこで攻撃をしかけます。



また、


フォア前→相手のバック側 という展開をしつこくやり、

相手がすぐさまバック側に戻ろうとした時に

ファア側にプッシュ等で攻めるのも効果があります。

バック前ショートサービス

粒高選手は短い下回転サービスを中心に戦った方がいいと思います。

それはレシーブから強打をされにくい。

相手がツッツキで返してくることが多いので、

プッシュをしかけやすいからです。

ロングサービスだといきなり強打をくらう確率が高いので、

いくら守備に自信があっても、

あまり多用しないのが無難です。


はらわれるとやりにくいですが、

取れないということはないので、

フルスイングされるよりはいいと思います。


バック前に短い切れた下回転サービスを中心にして、

3球目を相手のバック深くにプッシュしてラリーにして戦います。

そういう3球目を続けながら、

時々ミドル側にプッシュしてみたり、

ファアサイドが大きく空いて隙が見えるときには、

ファア側に強くプッシュして打ち抜きます。


ファア側へのプッシュも強く押すだけでなく、

軽く合わせてネットを越えたところギリギリを狙って

ポトンと落とすと、相手の打点を下げることができて、

有利にラリーを運べることがあります。

またプッシュに相手が慣れてきたら、

ツッツキを混ぜてリズムを狂わせます。

少し切れたツッツキ、ナックルのツッツキを入れると、

不意にボールを浮かしてくれることもあります。



注意するのは下回転のサービスの回転量を変えることです。

それは切れた下回転だと

相手のツッツキも切れて厳しくなってきます。

直線的なツッツキを深く入れられるとプッシュしずらく

不利になるので、少し切れた下回転、ガッツリ切った下回転、

下回転気味のナックル、ボールのマークが見える、どナックル

台との摩擦で若干上回転気味のナックルサービスを使い分けて、

相手のツッツキがあまり厳しくならないように気をつけます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。